観光ボランティアガイドのここだけの話
屋島山上で観光客とのふれあい&源平合戦屋島の戦い史跡を観光ボラガイドとして、一期一会の心でご案内します。 写真は屋島からの初日の出です(撮影2007年1月1日)
プロフィール

屋島のガイド

Author:屋島のガイド
好きな事: 皆でワイワイ言いながら酒盛りする事
嫌いな事: 他人から指図される事
自己診断: 寂しがりやのロマンチスト

屋島山上だけでなく麓の牟礼源平史跡もガイドします(但し予約者のみ)
車で1時間強 歩いて3時間です
詳細はコメント(管理者のみ表示)でお問い合わせ下さい。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



あし@



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごちそうさま(*^_^*)
200710311227582

20071031122758

20071031122757

昨日は夕方になって飲み友達のIさんから電話です



ガイド 『は ぃ … (-"-;)』
最初はテンション低いです



Iさん 『今晩空いてる?』





ガイド 『まぁ空いてる事は空いてるけど…(-.-;)』
まだまだ気のない返事




Iさん 『松茸をもらったのでどっかの居酒屋で“すき焼き”でもしてもらう?』

ガイド 『え、(*^O^*) そりゃ松茸持ち込みで無理聞いてくれるのは“かかし”くらいしか
ないやろσ(^◇^;)』




Iさん 『ほんまにゲンキンやのぉ~(`ε´)ゆ~か、分りやすい人や
ほんだら松茸を後で持って行くとして肉や他の材料の仕込みを“かかし”のマスターへ
頼んでおくわ~  六時半に店へ集合のぉ』

この展開はフツ~99%の人がテンション上がるっしょ(*^_^*)v
特に今年は国内産高い言うし…











そして、約束の時間から五分遅れてIさんが松茸を持参。マスタ-に切ってもらい



『頂きま~す』




他のお客さんがいればビ-ル瓶が飛んできそうなほど香りが店中に広がって…

まいう~(^з^)!!



たまたま早い時間だったので店内貸切り状態

良かったぁ~~♪










↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は27位です
(二つ+1つ)ともポチっとお願いします♪
P-NETBANKING
スポンサーサイト
やっぱ 乗りの良さは…
20071030104503今回も撮影モードが変更に・・
兄ちゃん、姉ちゃん御免なさい
写真を見てる人御免なさい

20071030104502


大阪のにいちゃん、ねえちゃんですねぇ♪



これも土曜日にガイドした人達ですが…(汗)
ただ、乗りの良さ以外にどんな話をしたか?思いだせません(泣)



でもブログデビュ-の約束をしてたので写真をUPします(笑)






ところで
土曜日は事件が…







とうとう目撃しました

え、『』です

200710301045032シャッターを押した時には
もう猿の姿は・・・・・


5メ-トルほど前方のフェンスを走っています

カ・カ・カメラを…(焦ってます)

あぁぁ~草むらにぃぃ…
証拠写真を撮ろうとした瞬間に姿を隠してしまいました(>_<)
が屋島に猿がいるのは確認できました

前に『猿を見た』と言ったOさん、疑ってごめんなさいm(_ _)m











↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は28位です
(二つ+1つ)ともポチっとお願いします♪
P-NETBANKING
徳島からのカップル
20071029090727携帯の撮影モードが
変っていたのを知らずに
UPしてしまいました

20071029090725カップルさん、及び皆さん
ごめんなさい m(_"_)m
顔を傾けてみて下さい(笑)

27日の土曜日は天気の回復が遅れ昼から屋島に上がりました

やがて、水族館へ来たと言う若いカップルと目が合い…(^O^)

水族館までの道程をガイドする事に…
でも源平合戦もガイドするので東回りです





そして、いつものように逆取材です

ガイド 『二人はどうゆう関係ですか?』

観光客 『いや、職場の同僚ですよ』

ガイド 『う~ん 同僚であると共に二人は『あちち』になりつつあるんじゃないですか?(笑)』

観光客 『(笑)…』




ガイド 『北嶺の遊歩道は自然がいっぱいだし歩いてる人も少ないから“告白”
できますよ~(*^_^*)v』

と言いながら久しぶりに『屋島のガイド』も“遠くを見る目”になっていました(爆)









↓今日更新時のランキング赤の方3位↓緑の方は33位です
(二つ+1つ)ともポチっとお願いします♪
P-NETBANKING
二週間前の予約(*^_^*)
20071028091923

20071028091922

公民館活動の一環として屋島に来る事になった
と、小豆島町のある地区から数週間前に2名の先遣隊が来て
そのお二人を案内していたのを今日まで忘れておりました m(_ _)m




昨日『ガイド詰め所』で思い出しました





少しの間、遊びモ-ドでおりましたが今日から『観光ボラガイド』のブログにUタ-ンします (笑)




昨日も徳島からのカップルと大阪からのにいちゃん、ねえちゃん7・8名をガイド(*^_^*)
勘を取り戻しつつあります









↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は33位です
(二つ+1つ)ともポチっとお願いします♪
P-NETBANKING
セブ島珍道中⑤
200710271047346

200710271047344


今回のセブ旅行はYさんのお陰で一見の観光客では行けない所へも行く事ができたのは
ラッキ-でした




そして、かの国の大多数の人達の耐乏生活

兄弟の学費を捻出する為に腎臓を売った人や 五万程で殺人を請け負う人

国民性もあるとは思いますが私が知り得た少ない情報の中で 『これでは就労意欲が
わく訳ないな』と思ったのはここの銀行システムです

それは1万ペソ(?)以下の銀行預金は一日2割の手数料を取られるとの事
つまり五日で預金は0となるのだ


これでは『お金がある間は働かない』気持ちも分かる気がする(泣)
でも、情報は自分で確認した訳ではないので・・・・(汗)


200710271047342帰りの航空チケット(笑)

20071027104734往復とも同じ航空会社だった為か
関空~香港・香港~セブ
帰りのセブ~香港・香港~関空は
殆んど同じ機内食 (-0-;
最後は残しました(モッタイナイ・・・(汗))


まぁそんなこんなの 珍道中体験記はこの辺で終わります(笑)











↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は32位です
(二つ+1つ)ともポチっとお願いします♪
P-NETBANKING
セブ島珍道中④
20071026090321

20071026090322

200710260903222


さて、いよいよセブ島3日目メインイベントのダイビング体験です

Mさんは三回の体験があり余裕ですが、後の三人はつい先ほどプ-ルで練習したばかり(汗)




少し沖合の島近くまで船に乗り珊瑚礁のポイントで潜ります







まぁ今回は体験した事に意義があると思うので…(汗)


200710260903224

20071026090323

少し塩水の入った口には日本から持ってきたカップヌードルや焼きソバが一番美味い

ダイビングの後の昼食は各自が供出した即席麺でヌードルパーティ

そして今回体験したかったもので『もぎたてマンゴー』の丸かじり











↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は35位です
(二つ+1つ)ともポチっとお願いします♪
P-NETBANKING
ご厚志 m(_ _)m
20071025110552

20071025110551

携帯画像の整理をしていたら10日も前に撮っていた写真が見つかりました

それは10月始めにガイドさせて頂いた『白鷹禄水苑』様から、送られて来た新酒の写真です




不肖『屋島のガイド』がお礼のブログ記事を書きます、と写真に写していたのに
旅行騒ぎで忘れてましたm(_ _)m


Tさん、ありがとうございました
懇親忘年会の際、みんなで頂きたいと思いますm(_ _)m

ちなみに『白鷹禄水苑』では本日、『第二回 酒都で聴く居囃子の会修羅の華 「屋島」』が
演じられるとHPにありました。余談ですが、席はもう満席です(笑)










↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は38位です
(二つ+1つ)ともポチっとお願いします♪
P-NETBANKING
セブ島珍道中③
20071024125133

海鮮料理の後はデザ-ト

外見、枇杷に似ていますが・・・
果物屋の店先に積んでいた果物を一個失敬して皮を剥くとまるで『ライチ』(・ω・;)(;・ω・)

少し自分の好みから外れていたのでノーショップ ┐('~`;)┌



20071024125132

その後はマゼラン記念館へ
入るや否や10人ほどのグル-プが『ここに幸あれ』を大合唱
その時点では聞いた事のある古い歌ぐらいしか分からなかったのですが、
取りあえず『50ペソ』を前に置いてある箱の中へ(-.-;)


この人達…観光客がどこの国から来たか?で違う歌を歌ってました(笑)





城郭の上に上がるとYさんと顔なじみの警官?が…



200710241251334

この警官は非常にサ-ビス精神旺盛でシャッタ-を押してくれたり実弾を抜いた
拳銃を貸してくれたり…(爆)




ついつい、童心に帰ってギャングごっこです

200710241251332買い物袋を下げて拳銃が
打てるんかい!!
と、突っ込みが入りそうですが・・・

20071024125134


最後に『ポリスバッジ』を買わないか?と言ってくる(汗)

親切にしてくれたので1セット(3個)を買うと、Kさんにも売りつけている
サイドビジネスかい?←(¬_¬))



続く











↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は41位です
(二つ+1つ)ともポチっとお願いします♪
P-NETBANKING
松平漫遊帖in八栗寺②
20071023124450

20071023124452


昨日の続きです
『中将坊さん』は修行した行者の生まれ変わりと言われています

ここは下駄をたくさん奉納しています
奉納した下駄は翌日には泥が付いてて中将坊が願いを叶える為に走り回ったと
言われているそうです(*^_^*)




200710231244522

200710231244524


鐘楼には会津八一(1881~1956)の詩が刻まれています

わたつみの

   そこゆくうをの

         ひれにさへ

ひびけこのかね
   
    のりのみために


そして副住職さん曰く
『八栗寺の鐘楼は本堂の横にあるのでお参りした後、鐘を突く人がいますが、
これでは御利益が逃げてしまいます。
ここの場合は二天門から入り、手を清めて鐘を突くのがいいと思います(笑)』

こういうのも順番があるんですね~(^。^;)



200710231244526

山を下りる途中にあった石標(振袖が彫られています)
手首だけのが殆んどですが製作者の遊び心でせうか? (笑)










↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は47位です
(二つ+1つ)ともポチっとお願いします♪
P-NETBANKING
松平漫遊帖in八栗寺①
200710221541494この聳え立った剣が
4剣ありますが
東の端の1剣は300年前の地震で
崩れ落ちました
昔は五剣あったので八栗五剣山と呼ばれたのですね

200710221541492剣の上に祠が置いていますが
これは本日の案内人Sさんのお父さんが作り
Sさんが背負って運んだ・・・との事です(汗)

20071022154149八栗城跡から高松市街を眺める・・・

20071022154147副住職が説明の前に『般若信経?』を・・
上に飾ってあるのは『中将坊さん』の
生まれ変わりと言われる天狗の大きなお面です

200710221541496『清浄歓喜団』というお饅頭

松平漫遊帖in八栗寺に参加して来ました

ここには安土桃山時代に土佐の長曾可部勢に攻め滅ぼされた八栗城跡もあるし、
八栗寺の副住職の貴重なお話も聞ける

との思いで『風邪ぎみ』にも関わらず参加して来ました(^。^;)





お陰様で『え~こんな所に八栗城があったのか?』とか
歓喜天は和合と福徳財宝をさずける商売繁盛の神として崇められ向かって左の社には
子供の『聖天さま??』を祭ってあり、好物はお酒と『清浄歓喜団』と言う甘い揚げ饅頭だそうです(笑)




その後『中条坊さん』へ…











↓今日更新時のランキング赤の方3位↓緑の方は67位です
(二つ+1つ)ともポチっとお願いします♪
P-NETBANKING
セブ島珍道中②
20071021090857マングローブ林の方へ海老を取りに
歩いている現地の人
干潮で水が引いてしまうと
強烈な臭いが来るらしいので
タイミングのいい時でした

200710210908596ご馳走の数々
ティッシュペ-パ-みたいなのが
散らかっているのはビールをラッパ飲み
する際、飲み口を拭く紙です。
右下の皿には海ぶどう

200710210908594

200710210908592これが問題の『シリ』
一番の思い出になりました(爆)

20071021090859同じ『シリ』でも赤いのより
緑のものはそのまだ何倍も辛いとの事


二日目のお昼は海鮮料理を食べよう
と、何度も渡比しているYさんの案内でマングロ-ブの群生している海辺へ行く



魚屋がたくさんあり『サシミ、サシミ』と現地の店員が呼び込みをする中…
一軒の店で海老や貝、そして数種の魚を選んで揚げたり焼いたりの指示をし、店の奥へ

奥は海に突き出た屋根付き舞台みたいになっていてそこが食堂である




沖合にはマングロ-ブの林。その根元で海老や蟹を取る人々を見ながらの食事です


風も入り快適ですが蠅のしつこさには閉口しました
おっぱらっても全然逃げないし、又すぐやって来る(-.-;)


一応、店員らしき人が食べ物の上をはたきのようなもので追い払ってくれるのですが…蠅は
気にする様子がありません(∋_∈)




それから『シリ』と言う唐辛子のようなものが付いて来て・・・・・

現地の人はこれを一緒に食べるらしい

早速辛さに自信のあるMさんとIさんが挑戦するも一口舐めただけで顔を真っ赤にし、
そこら中駆け回った


恐るべし…『シリ』(爆)

しかし、一度や二度の観光旅行では行けない所へも入って行けたのはYさんのお陰ですm(_ _)m


ちなみにYさんは現地語ペラペラでセブに着いた途端、テンション上がりまくり
まるで我が家へ帰った状態 (爆)









↓今日更新時のランキング赤の方3位↓緑の方は72位です
(二つ+1つ)ともポチっとお願いします♪
P-NETBANKING
セブ島珍道中①
200710201121232南国特有のローリング(横揺れ)を
防ぐサイドバーが付いた舟
向こうの島は干潮には歩いて渡れます

20071020112123海の透明度は10m近くありそうです

20071020112122波止から陸を見る
椰子や南国の木がずらりと・・・

先週日曜日の早朝(丑の刻)に自宅を出たのですが 田舎の不便さ…往路に丸一日かかりました




関空~香港へ飛びここで三時間余の乗り継ぎ待ち合わせ

香港空港も十余年前とはうって変わって新空港で綺麗です

同行者の一人が
『これじゃ日本の空港もなかなかアジアのハブにはなれないなぁ』と呟きましたが、同感です




さて、いよいよ香港発セブ行に搭乗です
でも、実際にはセブ島横のマクタン島と言う珊瑚礁でできた小さな島に空港やホテルがあります



セブ空港からホテルまで車で十数分ですが…もう周りは真っ暗です(それも時差が
日本より一時間遅れにも関わらず(苦笑))




写真は、二日目の朝の散歩で撮ったものですが…

流石に綺麗な海には感激しました(*^_^*)

続く…











↓今日更新時のランキング赤の方3位↓緑の方は95位です
(二つ+1つ)ともポチっとお願いします♪
P-NETBANKING
セブ島より帰還(^o^)/
200710191803002

20071019180300

20071019180257

先日、帰りましたが
ブログの更新がなかなかできませんでした(泣)

セブ島でのダイビング体験や珍道中は少しずつUPしたいと思います











↓今日更新時のランキング赤の方3位↓緑の方は81位です
(二つ+1つ)ともポチっとお願いします♪
P-NETBANKING
もうすぐ…
20071014083825
出発です (*^_^*)
国外脱出(^o^)/
数日間、更新をおやすみします(*^_^*)
遍路さんも外人さんも…
200710130856222

20071013085622

20071013085621


先週
10月6日は連休初日

観光地でもあり84番札所でもある屋島は観光シ-ズンの週末になると、歩き遍路さんも
たくさん通りいろんな国から外人もたくさん来ます(・_・;)





写真の歩き遍路さんは36日かけて84番屋島寺まで到達しました






そして、写真の外人さんはイスラエルのご夫婦です

旅の目的は違っても旅の安全をお祈りします m(_"_)m










↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は31位です
(二つ+1つ)ともポチっとお願いします♪
P-NETBANKING

事務所報に載せて貰いました(^_^)v
200710120911412

20071012091141

20071012091140

20071012091139

一昔前にお世話になり、・・・・
今は季節のご挨拶ぐらいしかお付き合いがないのですが…

その弁護士さんが事務所報を年二回出しています



つい最近の事務所報第33号に『屋島のガイド』が投稿した
『観光ボランティアガイドとウェブログ』と言う記事を載せて頂きました(^o^)/



文才もない者の書いた記事なので後で読み返すと汗が出まくりですが、



又一人でも新たな読者が増え屋島に興味を持って頂けたら嬉しいです\(^o^;)/









↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は32位です
(二つ+1つ)ともポチっとお願いします♪
P-NETBANKING
10月の連休は屋島もインターナショナル(^0^)
200710050854342

200710050854342

200710050854342Oさんは自分の携帯常備薬で
手当をしてあげ、
『まだ必要かも・・』と予備を差し上げました

手当を受けるアメリカンは絵になっています(笑)
最後に『サンキュー』と握手を求めて来たので
私が代わりに握手をしましたが・・・・
何か問題でも・・・(^0^;)

観光シーズンになると屋島も国際色豊かです

オーストラリアやギニアそして、写真の団体さんはアメリカン



でも、どこの国にも『おっちょこちょい』はいるもので・・・
この人、階段でこけて、心優しいOボラガイドさんの手当を受けています(^0^)ノ

添乗員さんの言うことにゃ『彼は栗林公園でもこけたんですよ』(笑)




でもきっと『ビューティフル』な景色に目が奪われたのでせう 日本バンザイ(爆)


ちなみにこの後、英語マンことボラガイドのMさんもイギリス人夫婦をガイドして大活躍です









↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は32位です
(二つ+1つ)ともポチっとお願いします♪
P-NETBANKING
う~ん(>_<)難しい
20071010111403斜め前から撮った駅舎
二階の入り口は後から改造した
ものだそうです。

20071010111401元気YASHIMAの会メンバーも
受付のお手伝い

200710101114036駅舎屋上から見下ろした
素晴しい景色です

200710101114034駅舎の屋上出入り口
植物の種が飛んできて
コンクリートの隙間にしっかり
根を張っています(笑)

200710101114032ケーブル車両です
義経号と弁慶号があったので
『2』は弁慶号かな?
プレートは早くからはずされていました


先週の日曜日、建築探偵団による『屋島ケ-ブル山上駅』の駅舎が一般公開されました




昭和初めの建築で左右対称でない建物は非常に珍しい…と言うような説明でしたが…




我々ど素人には価値が全然わかりません(ToT)





観光コ-ス(南回り)に入れるには
建物の前に大きな『説明書き』の看板を立てたらどうでしょうか?

観光ボランティアガイドとしては
一等三角点―>屋島の城(き)城門跡―>屋島ケ-ブル山上駅舎―>経塚(屋島南端)
と、新しいコ-ス設定ができます




そしたら
東回り、西回り、北回り、南回りと多彩なセッティングで観光客の人たちにも喜ばれると思います










↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は32位です
(二つ+1つ)ともポチっとお願いします♪
P-NETBANKING
四世代です
100714

100713三連休の中日はたくさんの車が
押し寄せて・・・・
奥の駐車場へ誘導される車


岡山へ嫁いだ娘さんに子供が産まれ、栃木から両親が祖父を連れて孫(曾孫)に
会いに来た (*^0^*)


足が少し不自由なお祖父さんではあるが87歳とは思えぬ元気さです (笑)


そして一番被害をうけたのはおとなしく岡山から屋島までみんなをアッシーしたのは
娘さんの主人でした(爆)


皆さん、お疲れ様でした











↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は36位です
(二つ+1つ)ともポチっとお願いします♪
P-NETBANKING



高知より
20071008084254210月6日(土)はこの通り
すごいいい天気でした

談古嶺より庵治半島を望む

20071008084254子供は段々と
視界から遠のいて・・・・(笑)

20071008084252

家族連れ…と言っても祖母、母、子供二人の三世代です

子供さんはもう歴史を習うかな?ぐらいな年頃です




最初は「この子たちにも分かるような話にしないといけないな」と思い…さらっと
流していたのですが
お母さんたちの方が熱心に聞いて来ます(・_・;)





計画変更(^_^)v





そのうち、子供たちの姿は視界から外れています(笑)

『お母さんたち、長澤まさみちゃんが映画で倒れたロケ地が見えるとこ行く?』

知らぬ間に四人の筈が二人のガイド





子供たちは『かわらけ』を投げて遊んでました ┐('~`;)┌








↓今日更新時のランキング赤の方3位↓緑の方は28位です
(二つ+1つ)ともポチっとお願いします♪
P-NETBANKING


昨日は最高のガイド日和でした
20071006185032

200710061850322

20071006185030

『屋島のガイド』も数組ガイドし、心地よい汗をかきました(^。^;)




その中で西宮『白鷹禄水苑』文化アカデミ-会員の方々が大挙バスを貸し切って屋島へ来られました


それは
禄水苑文化事業の一つとして十月に『第二回 酒都で聴く居囃子の会修羅の華 「屋島」』を開催
するに先立ち、現地を見よう・・・とやって来たのです



先に知っていれば緊張したと思いますが・・・(汗)普通の観光客団体と思って
いつもの通り毒舌を使い気楽にやってました
と、言うのは源平合戦『屋島の戦い』を初めて聞く人はあまり詳しく喋ると
退屈される場合が度々あり、その兼ね合いが難しいのです

しかし、最後に名刺を頂き、帰ってHPを拝見しつつ一人で赤面です(笑)

まだまだ修行が足りん (^▽^;










↓今日更新時のランキング赤の方3位↓緑の方は26位です
(二つ+1つ)ともポチっとお願いします♪
P-NETBANKING


明日はケーブル山頂駅の中が見れるぞ(^0^)
2007100508543422004年に写した
屋島ケーブル山頂駅

屋島ケーブルが休業したのは今からちょうど3年前
2004年の10月15日である
前のブログ記事


その間、土日・祝日のみバスが運行したりしていたが
現在は高松市の補助金もついて毎日一時間おきにシャトルバスが走っている



屋島ケーブルの復活を願った運動もあったが復活は絶望的との見方が大半である

そんな中、建築設計士有志の中から屋島ケーブル山頂駅の建物としての評価が
再認識され、新しい観光資源にしょう・・・・・
との動きが出た。
概観は勿論、駅舎の中も開放してレトロな建築物と親しんでもらおうとの
企画が

明日
日時 平成19年10月7日 午前10時~
場所 屋島ケーブル山頂駅集合

たくさんの人が参加して新しい観光資源の発掘をしょう












↓今日更新時のランキング赤の方3位↓緑の方は28位です
(二つ+1つ)ともポチっとお願いします♪
P-NETBANKING
屋島登山番付表
200710050854342

20071005085434

20071005085433

屋島にはいろんなボランティア団体が活躍しています



その中でユニ-クなのが『里山クラブ』
屋島の遍路道を3~40分かけて一年中 上がり下りします


もちろん自分の健康の為ですが…登山道の途中にはところどころにホウキが吊ってあり
自主的に道の掃除をしながら上がります



そして、山上の門前には番付表が…



番付表は登頂した回数で横綱、大関と付けられている
中には一年に千回も登った大横綱もいるらしい( ̄○ ̄;)










↓今日更新時のランキング赤の方3位↓緑の方は28位です
(二つ+1つ)ともポチっとお願いします♪
P-NETBANKING
ナイスカップル(*^_^*)
20071004091417

20071004091415

新婚生活一年のオ-ストラリア人夫婦






讃岐語(笑)と英語でコミュニケ-ションを図ると



な・なんと彼らは高松で一年以上も生活している






そして、もう一つ驚いたのは彼らは一年以上も日本に住んでてほとんど日本語が喋れない(ΘoΘ;)



この時ほど
『郷に入れば郷に従え』と言う英語を喋りたかった事はありません
語学力のなさを痛感(ToT)








ゆ~か、日本語を知らなくても生活できる日本ってつくづく良い国なんですなぁ~(*^_^*)











↓今日更新時のランキング赤の方3位↓緑の方は25位です
(二つ+1つ)ともポチっとお願いします♪
P-NETBANKING

え~29日で( ̄○ ̄;)
20071003092329

20071003092328

東京から来た歩き遍路さんですが




一番札所から何日かかりましたか…?

の問いに


遍路さん 『え~と、29日ですね
30日で結願したいと思っています』



ガイド 『ひぇえ~ 今までお聞きしたなかで最短日数ですよ』





この後、ボラガイドのWさんと今晩の野宿先の事で86番志度寺あたりにするか?
87番長尾寺辺りまで行く方がいいか?
二人で あ~でもない、こ~でもないと言ってましたとさ(爆)










↓今日更新時のランキング赤の方3位↓緑の方は34位です
(二つ+1つ)ともポチっとお願いします♪
P-NETBANKING
みつばちマーヤは天使の羽
200710011031112

200710011031112

屋島寺へ入るみつばちいやいやミツバチの羽をつけた子供を発見
今日は水族館も行くのかな?


これって・・・・・
羽がなければ虐待って言われるかも・・・・(爆)




広島から来た1歳半 『知恩くん』です







ちなみに2年前に見た天使の羽は『義経号』で源平史跡ガイドを

していた時 ↓ 前のブログに出てました(笑)。
2005年10月5日です












↓今日更新時のランキング赤の方3位↓緑の方は33位です
(二つ+1つ)ともポチっとお願いします♪
P-NETBANKING
大阪のおばちゃん?(笑)
200710011031112

20071001103111

20071001103110写真は意識してSにしていますが
クリックすると大きくなります(爆)

二人連れの女性が『ガイドお願いします』と言って来た


前の二回がショ-トガイドだったので
『観光時間は30分ぐらいですか?』
と聞くと

観光客 『いや、時間はいくらでも…(笑)』

ガイド 『え~それなら屋島のぜ~んぶガイドしませう♪』




なかなかノリのいい人達で会話も弾む(*^_^*)

二人は新居浜で育ち、香川や大阪へと巣立っていった
そして、今 時間的にも余裕ができ大阪から香川の友に数年ぶりの再会旅行o(^-^)o

ガイドしているのか?世間話をしているのか?分かりません(汗)






ガイドが終わり

観光客 『お礼に美味しいコ-ヒ-でもご一緒に…』

でも、屋島の上には喫茶店はないんですが…(T_T)

ガイド 『無料休憩所があるからそこで缶コ-ヒ-でも…?』
と言う屋島のガイドに

観光客 『缶コ-ヒ-はちょっと(ToT)
ガイド時間が終わるまで待ってるからお店へ案内して下さいよ』



やがてガイド時間が終わり美味しいコ-ヒ-タイム

よく話を聞くと一人の人(香川)は屋島のボラガイド仲間Tさんの仕事をしていた頃
の後輩のHさんだと言います…(汗)

ガイド 『じゃあ 貴方も桜田門へ?…(爆)』



話は色々盛り上がりますが一期一会の思い出として
名残を惜しみながらお別れしました(^O^)/~~
PS、
Hさん、コーヒーご馳走様でした m(_"_)m







↓今日更新時のランキング赤の方3位↓緑の方は40位です(ToT)転落していますが・・(泣)
(二つ+1つ)ともポチっとお願いします♪
P-NETBANKING





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。