観光ボランティアガイドのここだけの話
屋島山上で観光客とのふれあい&源平合戦屋島の戦い史跡を観光ボラガイドとして、一期一会の心でご案内します。 写真は屋島からの初日の出です(撮影2007年1月1日)
プロフィール

屋島のガイド

Author:屋島のガイド
好きな事: 皆でワイワイ言いながら酒盛りする事
嫌いな事: 他人から指図される事
自己診断: 寂しがりやのロマンチスト

屋島山上だけでなく麓の牟礼源平史跡もガイドします(但し予約者のみ)
車で1時間強 歩いて3時間です
詳細はコメント(管理者のみ表示)でお問い合わせ下さい。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



あし@



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恥をかいたので調べました(^。^;)
20070831095124屋島寺境内の

貞応の鐘

20070831095125鐘突き棒の反対側に
碑文がありますが・・・

20070831095126拡大すると・・・
貞応・・・等所々で我々にも読める文が・・

少し前ですが、いつものようにガイドし、屋島寺の境内に入りました



ガイド 『え~屋島寺境内には三つの重要文化財があり、その一つがこの鐘楼です
貞応二年十月…京都三条三位土師宗友…と言う銘が入っております…貞応とは
鎌倉時代初期で香川県では二番目に古い鐘だそうです
又、一説では平家の落武者ゆかりの人々が持ち寄った鉄で鋳られたと言われています』





観光客 『近くで写せますか?』

ガイド 『そういう人は初めてですが、禁止の立て札がないからいいと思いますよ』







観光客が写真を撮りながら
『どこに銘が入ってるんですかね?』



ガイド 『…(・_・;)』






今まで鐘を近くで写す人は居なかったのと自分もこんなに近くで見るのも初めてだったので





ガイド 『う~ん 宿題にさせて下さいね 調べておきますm(_ _)m』

自分で検証せずに他人の受売りがいかに脆いものか?





後日、皆に聞いたり写真をアップで撮ったりした結果









見つけました

鐘突き棒の逆の方にちゃんと刻まれていました



Hさ~ん、この記事読んで下さいね~(^_^)v












↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は20位です
二つともポチっとお願いします♪

スポンサーサイト
今度はソフトボ-ル(^。^;)
200708300938442

20070830093844

大阪から香川に単身生活している娘さんのところへお母さんが遊びに来たらしいですが、
あまり詳しい事は聞けません (^△^;





ガイド 『先ほど、卓球の試合に来ていた人たちを案内したのですが…』
と、言うと





『私は東四国国体のソフトボ-ルで出場して以来こっちで住んでま~す(笑)』






ガイド 『それで、その時はもちろん優勝ですか?(*^_^*)』

観光客 『当然(*^_^*)v』







全員 『(爆)』






途中、母娘が小声で何か話してるので

ガイド 『(私の)悪口でしょ?(-"-;)』




二人 『いやいや、お父さんが歴史が好きなので一緒に来たら良かったって言ってたんですo(^-^)o』



ガイド 『そしたら今度はお父さんと一緒に何回も来て下さい(^o^)/』












↓今日更新時のランキング赤の方1位↓緑の方は20位です
お陰で又、トップに返り咲きました。二つともポチっとお願いします♪

ほんとにぃ~?←(¬_¬)
20070829083611

20070829083610

これも先週、日曜日ですが、

大きな荷物を持った男1人、女二人のグル-プが通り掛かりました





長野県から卓球大会の遠征に来てその後『屋島の観光』と『新屋島水族館』へ…





ガイド 『そしたらここ(ガイド詰め所)へ荷物を置いてガイドしながら水族館まで
案内しましょう』









いつもの通りガイドしながら情報収集です(*^_^*)v



ガイド 『で…試合の結果は?』





観光客 『もちろん優勝です』(希望として?…(^_^;))


ガイド 『そしたら愛ちゃんとどっちが強いんですか?(^O^)』

観光客 『もちろん …ですよ(笑)』







そりゃぁ気持ちは分かりますよね、皆さん自分が一番強いと思ってる(*^_^;)v












↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は23位です
二つともポチっとお願いします♪



山口県からの大学生グル-プ
20070828093043

八月最後の日曜日となった26日は屋島もたくさんの人と車で駐車場も満杯
20070828093041



そんな中、讃岐うどんのお土産をたくさん持ち帰っている人たちが…




ガイド 『どこから来たの?』

観光客 『山口県からですo(^-^)o』




ガイド 『山口県なら源平つながりじゃないの(*^_^*) 源平屋島の戦い史跡をまだ
見てないでしょ 荷物は責任を持って預かるから少し見て帰りませんか?(^o^)/』







交渉成立です(笑)






え~、この「瑠璃宝の池」は別名「血の池」とも言い源平合戦で源氏の将兵が
血が付いた刀や鎧を洗ったと言われていて今では『瑠璃宝の池』を知らない人は
たくさんいても「血の池」はほとんどの地元の人が知っています

でも、血の池地獄はここじゃなく大分県の別府温泉ですよ~(爆)







帰り際には自作名刺を渡して『アクセスランキング』応援してね~

でも、今のところ応援の成果が出ていません(泣)(*^_^*)











↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は24位です
二つともポチっとお願いします♪

がんばれたのは…
20070827084328

20070827084327

四国遍路を一番札所から自転車で回って来た埼玉県の大学生




四国に行った事がないし、チャリ遍路でも…と三人で走り始めたが高知で二人が脱落



84番札所屋島寺まで15日間でたどり着きました
明日には88番札所大窪寺へ着くでしょう



途中でもう止めようか?と思ったが『ここまで背中を押してくれたのは四国の
人たちの暖かい人情です』

と最後に爽やかな笑顔を残して走り去りました











↓今日更新時のランキング赤の方3位↓緑の方は27位です
二つともポチっとお願いします♪

ユウカク…に行きたいんですがo(^-^)o
20070826083405

20070826083404

若い女の子二人が口を揃えて道を聞きに来ました



ガイド 『??…』

二人 『屋島の端にある屋根だけの… 』


ガイド 『あ…遊鶴亭ね (^O^) 遊廓はないよ~(爆)』

二人 『はい、そ~です』



ガイド 『そしたら北嶺への一本道まで途中ガイドしながら案内してあげるから自販機で
お茶か水を買って来た方がいいよ。北嶺は自販機がないし、この暑さでは水分補給がいるからね』







いつもの通りガイドしながら情報収集ですが

二人とも地元のOLで運動不足を補う為に遍路道を登って来て、北の端まで歩くらしい






登って来る時は2~3回は休んだ?
と聞くと

『いえいえ、角々で(10回以上)休憩しましたよ(笑)』






源平古戦場をガイドし、セカチュ-『長澤まさみちゃんが倒れた稲毛島(映画内では夢島)ですよ~







もうここからは遊鶴亭まで一本道だけど気をつけて行ってね(^O^)ノ

そして・・・・昨日の土曜日はこの一組だけのガイドとなりました。









↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は25位です
二つともポチっとお願いします♪


これは凄い 幻の『魔崖仏』 
200708240943344この山頂(剣)に
刻まれています

200708240943344

200708240943344

200708240943344

先月、一等三角点をご案内したHさんご夫婦
屋島へ来る一週間前にも八栗五剣山の剣へ登ったと言ってましたが・・・
(ここは今、崩落の危険があるので立ち入り禁止になっています)



ところが先日、『魔崖仏』の写真を撮って来ましたよ~♪
とJPGファイル添付でメールが・・・・・・(*^0^*)v




これは貴重な写真。Hさんの名前は伏せて・・・皆さんに見て頂きたい
五剣山の剣の崖に刻まれた仏様
でも、ネットで調べると未完成らしいです。



良い子の皆さんは上ることができないので幻の魔崖仏ですよね(爆)



Hさん、ありがとうございました
尚、本日の写真は携帯カメラではないのでクリックすると大きな鮮明画像になります








↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は27位です
二つともポチっとお願いします♪


夏休みの宿題
200708240943344

高松市内からの親子ですが
源平合戦の看板を熱心に見ています



ガイド 『夏休みの宿題? もう歴史習ってるの?』
と言うと「こくん」と頷きます
200708240943342


20070824094332


ガイド 『そしたら2・3分歩いた所から源平史跡が望めるからそこで少しお話を
しましょうか?(*^_^*)』





母親 『話をしてもらう?』
と、二人を伴って歩き出す







ガイド 『どこから来たの?』

母親 『地元なんですけど…何もしらなくて(汗)』








それはいいんですが…
いろいろな事を一生懸命しゃべっても『リアクション』が全然ありません

顔を見ながら喋ると二人とも一生懸命相槌はうっている(ΘoΘ;)






ガイド 『君達が生粋の香川県人(笑)だということはよ~くわかった(*^_^*)
でも、ワ-ルドワイドな世の中で自分の意思を相手に伝えることは大事になって来るから…
『こくん』と頷くだけでは意思が伝わらないと思うよ(泣)
私も一生懸命しゃべって君達が聞いて呉れてるのかわからなかったからね
香川県の人は特に相手に意思を伝えるのが下手なんだよね』






なんだかんだ…(・ω・;)(;・ω・)説教…(汗)(^_^;)





観光ボラガイドが人生のガイドみたいに喋べくり回った数十分でした(汗)σ(^◇^;)。。。










↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は28位です
二つともポチっとお願いします♪


お遍路さんそれぞれ
20070823085911


200708230859132

20070823085913

200708230859134

愛媛県から兄弟の歩き遍路さん
写真撮影を頼むと兄と弟が譲り合いです(汗)








そして宮崎から女性一人
この人は車ですが、もう6度目のお遍路だそうです





歩き遍路さんの大変さを知ってもらおうと『屋島からの下り口』まで案内しました


首無し地蔵のお話をすると
ひどく感激されて…

『少し待ってくれますか?』
と、お経を唱え出しました m(_"_)m
後で聞くとお地蔵様用の経文だそうです






お地蔵様がお経を欲して一期一会の出会いを演出したのでせうか?

駐車場までの帰路では調子に乗って持論の受売りの

観光とは
その地の風物、産物、人物を見ることなり
次に来られる時はその地の人達と語れば又、違ったものが見えますよ~
と、ガイドのペースにしてしまいました(反省) 


でも猛暑日に一服の爽やかないい出会いが出来ました











↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は29位です
二つともポチっとお願いします♪

マニアックな所まで
200708220846012

20070822084601

20070822084559

阿波踊りを見に来たついでに源平合戦史跡を見て回っている埼玉県からの男性です








ガイド 『でも、阿波踊りは15日までだったでしょ?』
※ガイドをしたのは18日(土) 


男性 『えぇ、だから昨日までに源平合戦の史跡は全部行きましたよ
2年前の大河ドラマ『義経』を見てから興味があったんですよ』





ガイド 『じゃ弁慶の長刀泉菜切り地蔵などは行きました?』

と、マニアックな史跡も 『はい、全部行きました』










そして 『屋島の上から一望し、今日のガイドを聞いたのでやっと屋島の戦いが
立体的に掴めました(笑)
どうして屋島から壇ノ浦(下関)が見えるのか不思議で仕方なかったんですが…
屋島にも檀ノ浦と呼ばれる地区があったのですねぇ』



ガイド 『の違いはありますが…(爆)』








なんか、黙って聞いて時々頷くだけの男性からやっと笑みが零れました\(^o^)/












↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は31位です
二つともポチっとお願いします♪


これで歴史のテストは100点?(爆)
20070821082622

20070821082620

守護や地頭、そして武士の台頭…




遠い昔にそんな見出しで歴史を習ったような…(汗)




先週の土日はそんな感じの親子連れが…夏休みの宿題でしょうか?
数組ガイドをしました(笑)








一番最初のこの人達は淡路島からの親子三人さんです





そりゃぁ本で読むだけより実際にここから眺めたり史跡に触れたりしたら歴史も
ぐ~んと面白いでしょ (*^_^*)v











↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は31位です
二つともポチっとお願いします♪

名古屋からの母娘
20070820083251

20070820083249




『水族館に行きたいけど観光もしたい』
源平合戦屋島の戦い看板を見ていた母娘さんの希望です(*^_^*)





ガイド 『分かりました。ガイドしながら水族館までご案内しましょう』









土曜日、朝一のお客様(笑)ですが朝から日差しが強く赤い傘はボラガイド詰め所
から貸し出されました







200708200832512

そして無事に水族館へ到着
傘は返して貰いますね(爆)










↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は26位です
二つともポチっとお願いします♪

夕べは石灯りガイド
20070819075222車を入れる時、駐車場の誘導係りを
している知人に会いました
『私も出展してるから見てってね』
と言われたその人の作品

200708190752242これは泥石といって
石と泥の中間ぐらいな硬さです

20070819075224出展中、一番高い価格です
ちなみに値段は300万円(据付費別)


昨日の土曜日は昼間、屋島山上で三組ガイド

そして夜は石灯りガイドを二組と、ダブルヘッダ-の働き(・ω・;)(;・ω・)

暑くて忙しいダウン寸前の一日でした




私は石灯りガイドでも一方的なスピーカーではなく、お客さんとの
コミュニケ-ションを大切にします




夕べのひと組も、高松市内の親子三人さんで、娘さんがニュ-ヨ-クに住んでいて先日
一時帰国したそうです

それは 『イサムノグチ庭園美術館』へ行く事と『石灯りロ-ド』を見る為です(笑)(本人談)
これはだいぶリップサ-ビスが入っているようですが… ┐(^◇^;)┌









そして最後に 『ありがとう

この一言で疲れなどは吹っ飛びます (*^0^*)



↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は26位です
二つともポチっとお願いします♪




いゃ~、今日も暑かったぁ
200708181706122

20070818170612

20070818170610

それでも屋島は水族館へ来る人達がたくさんいて駐車場はいっぱいです






そんな中、香川大学と高松大学の学生が共同で『観光地 屋島』のアンケ-トを実施しました






このアンケ-ト結果は学生の卒論テ-マに使用されるそうですが観光活性化などにも
有効利用されればいいな…と思います





各方面、各グル-プが屋島への思いを行動に移しつつあります
早くこのうねりをひとつの大きな波にしたいものですね










↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は25位です
二つともポチっとお願いします♪



千体堂の中(・_・;)
20070817085056

20070817085055

20070817085054

観光客の皆さんに
『何体あるか、数えられますか?』

と、言っては後姿のブログ用写真を写させてもらっています、あの『千体堂』






たまたま、お盆前に中を掃除しているのを目撃←(¬_¬)(^O^)







神秘の内部を見る事ができました \(◎o◎)/







千体堂にはやはり『千体』の像がありましたo(^-^)o













↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は28位です
二つともポチっとお願いします♪

ランチタイム(*^_^*)
20070816105818

20070816105817

ランチタイム(笑)になると『こさぎ』が集まって来ます








高度経済成長時代には一時期見られなかった風景ですが、今は当たり前のように
周りに溶け込んでいます



ここは屋島の麓、新川の下流です(^з^)




そして、この河口にはNHKTVでも紹介された干潟が残っています












↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は25位です
二つともポチっとお願いします♪

東京からの歩き遍路さん
20070815085357

20070815085355

38日で歩き続けて来ました




ガイド 『相引川を渡ってすぐ東にある洲崎寺に真念さんのお墓があります。
真念さんは四国八十八ヶ所の父と呼ばれ今の遍路道を整備したと言われてます』




是非そこへも立ち寄って下さいね










↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は23位です
二つともポチっとお願いします♪



源平の歴史をたどって
20070814074444

20070814074445元気屋島をつくろう会の皆さんも
お茶の接待です


ガイド詰め所が学生俥屋にジャックされて(笑)
でも、観光ガイドする為に来ている我々としては人力車を見ているだけでは
いけません。。。(〃_ _)σ










なんとか一人の男性をGET(^_^)v
その人は千葉県からで義経の足跡を追って今回は屋島へ……







ガイド 『じゃあ、下関の壇ノ浦はもう行きましたか?』






観光客 『いや、まだ行ってないです』









ガイド 『一ノ谷は?』





観光客 『いや』




ガイド 『… (-.-;)

学生俥屋の活気に満ちた騒音(笑)掛け声から離れ…盛上がりに欠けた、
しかし、粛々としたガイドのひとコマでした(爆)








↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は25位です
二つともポチっとお願いします♪



ハッピコレクションに又ひとつ…
20070813080234

20070813080235サインを書く
第20代目頭領

200708130802352メンバーのサイン
芳名録みたいにも思いますが(爆)


200708130802354たま~にお茶目な
メッセージも・・・(笑)

20070813080236今年何度目の脱皮(?)(爆)
背中も健康的に日焼けしてます


11日に無料試乗会をした『学生俥屋』の頭領やメンバ-有志にメッセ-ジやサイン(^_^;)を
残して貰いました







もちろん、いつものハッピに……(*^_^*)v






彼等の脳裏にも『屋島』が刻まれると嬉しいです










↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は26位です
二つともポチっとお願いします♪



昨日の屋島も暑かったですが、
20070812074901ただ今『男みがき』『女みがき』中の
『学生俥屋』の若者たち

20070812074859お客が大きい(重い??)と
引き手も大変かも・・・(笑)
ちなみに一番体の小さい人は
身長143センチ (^^;
でも、大活躍してました

200708120749012ローカルニュースに映った
『屋島のガイド』です(笑)

200708120749014俥の上から写した
『女みがき』中の引き手さん


特に昨日は都内の大学生達で作る『学生俥屋』が屋島で無料試乗会を開催(*^_^*)





熱気と若い情熱で普段より2~3度ヒ-トアップ (爆暑)



いつもはシルバ-さん(^。^;)に囲まれてる(嘘です(笑))『屋島のガイド』も
若い気持ちに戻って試乗させて貰いました V(^-^)V










今日はお盆という事で屋島のボランティアガイドはお休み

なので『マイロボット』作りに没頭しよう(*^_^*)v









↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は26位です
二つともポチっとお願いします♪



今日も暑い!!!
20070811075449今日の高松上空です

200708110754512鳴門(?)の花火(笑)

20070811075451屋島を背景にした向日葵

20070811075450一応、夏らしい(笑)
写真を並べて見ました


今日の屋島も夏真っ盛り





でも、
お盆なので明日12日の観光ボラガイドはお休みです







そして本日は『学生俥屋無料試乗会』があります






たくさんの人で混雑するかも知れませんが…

取り敢えず行って来ます








↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は22位です
二つともポチっとお願いします♪

瀬戸の夕陽に手を合わせ~♪
20070810112311撮影地:庵治町

隣で『愛を叫んでいた?』・・とか (爆)


え…古い? (・ω・;)(;・ω・)




じゃ  ♪瀬戸は陽暮れてぇ 夕焼けこやけ♪

え、もっと古い? (汗)







まぁ、とにかくいろんな名曲が生まれる瀬戸の夕焼けです

でも、撮影はWさんのお友達で・・Wさんから(写真を)頂きました(^。^;)





そして明日は四国新聞にも載ってるように屋島山上で
『学生俥屋無料試乗会』
あります(本ブログ7月28日参照)






ようけきぃまいよ~
(大勢の人が来て下さいよ(↑讃岐弁(笑))












↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は19位です
二つともポチっとお願いします♪

マイロボットがやっと…
200708091256272

20070809125627

20070809125624


完成…(*^_^*)v








ではありません(>_<)





最終号の75号がつい先日届きました










そしてそれには…

大好評につき14日までに連絡のない人は90号まで延長します…?

新たなステ-ジは
◎物をつかむ手
◎センサ-で側面の物体を感知
◎リモコン装備






でも、迷わずストップの連絡を入れました(^。^;)





だってまだ62号までしか組み立てが進んでいないし、する時間が…(汗)











↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は23位です
二つともポチっとお願いします♪

少し心配…
20070808091118

20070808091120


最近

『瑠璃宝の池(血の池)』の水がすごく黒くなっていて透過性も落ちた感じがする







ガイド仲間の人の話では数日前には小魚が数匹浮いていたとも聞いた





自浄作用があればいいのだが…













↓今日更新時のランキング赤の方3位↓緑の方は23位です
二つともポチっとお願いします♪

富山県からの家族さん
20070807085830この日はかなり霞んでおり
小豆島も全然見えません(涙)

20070807085829

5日の日曜日です

小学三年生の拓実くん一年生の尚樹くん兄弟とお母さん、そしてお祖父さんと
お祖母さんの五人が富山県から来ました…





観光客 『義経の銅像はどこに立っていますか?』








ガイド 『・・・・・・』


ガイド 『お客さんが顔を出して記念撮影する義経くんならこれですが…』と
タッキ-君(笑)を指差すと(*^_^*)




お祖父さん 『この子達兄弟で銅像があるとか、いろいろ調べて来たんですがねぇ』

ガイド 『徳島の勢合には義経がりりしく馬に乗った銅像がありますが… ┐('~`;)┌
取り敢えず源平合戦の史跡が一望できる所がありますからそこで屋島の合戦をガイドしましょう』









一通りガイドを終えて





お祖父さん 『ところで義経の八艘飛びはどの段階であったんですかね』



ガイド 『八艘飛びは下関の壇浦ですよ… (汗)義経の活躍した戦は一の谷と屋島、
そして下関がありますが、ひょっとして全部が一ヵ所でって思っていません??(笑)』



お祖父さん 『ああ そうかも…私が間違う位だから孫たちも当然(^。^;)』




ガイド 『もう少し大きくなって徳島の義経像も是非見に行って見て下さいね(*^_^*)ノ』











↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は18位です
二つともポチっとお願いします♪



土曜日は蒸し暑くて…
20070806085448

20070806085447

20070806085446

大阪からの親子一組だけをガイドしました






毎年、男だけ(父と息子)の旅を続けているそうです

父 『やっぱり男だけの方が何でもすぐ決まっていいですね(^O^)』

ガイド 『奥さんも「男は元気で留守がいい」って言ってるかも知れませんよ(爆)』








14才だと言う子供さんも素直でお父さんの言う事を良く聞きます

お父さん、じょうずに育てましたね (*^_^*)v








でも

見晴らしはさっぱり悪く………

二人とも『日頃のおこない反省~(^O^)ノ』









↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は19位です
二つともポチっとお願いします♪

昨日も石灯りガイド
200708050813142この看板を見つけたら声をかけて
下さいね♪

200708050813146時半過ぎ
準備中のひとコマ
灯りもまだ一部しか点いていません

20070805081312アキホ&タタさんの
石灯りモニュメント

昨日の土曜日は昼間は屋島、夜は石灯りガイドと大忙しでした(*^_^*)





石灯りガイドではわざわざ『石灯り』を見る為に高知県から来た母娘さん…
意気に感じて
キ・ア・イを入れてガイドしました(笑)





その後若い男性二人ですが、この二人『源平合戦』を全然知りません
これは石灯りだけじゃなく本来の『源平合戦屋島の戦い』にメインをおかなければ…(笑)




と、史跡中心にガイドです
いろんな人がいて楽しい一期一会でした

そして先週から『屋島のボラガイド』の見習いをしているSさん・・
『屋島から見るだけの史跡だけじゃなく実際に行ったら役に立つと思いますよ』と誘って
石灯りガイドでは観光客が交通事故に遭わないよう警備担当してもらいました。

『Sさん、昼間の山上で疲れているのにご苦労様でした m(_"_)m 』






↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は17位です
二つともポチっとお願いします♪



今の愛読書
20070804083829

20070804083828

最近、考えるところがあって
この二冊を同時に読んでいる(と、言っても拾い読みですが…)




そして、たま~~に
『あ そう言うことか(^O^)v』と目が開かれたり…そして開いたり…ですが、(笑)





でも
大半は睡魔が襲って来ます









偉大なお二人に断言します
『決して睡眠薬の代わりに買ったのではありませんf^_^;(汗)』











↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は22位です
二つともポチっとお願いします♪

最少催行人員(^_^;)
200708030824282観光を終えて
最小催行人員(三名)と添乗員さんは
大型バスへ帰ります・・・(^0^)

20070803082428日曜日にはオランダ人夫婦も
散策していましたが、
蘭語(英語も)ができない『屋島のガイド』は
早々に引っ込んでUさんと交代
肝心な時に英語マンことMさんはいません

先週日曜日です
N観光の添乗員さんが『三人ですけどお願いできますか?』と声をかけて来ました




東京からの旅行客で老夫婦と老婦人のふた組、三名です




旅行会社の添乗員さんもいろいろな人がいます
何も説明せず、旗だけを掲げてさっさと歩く人、多分屋島はお寺とかわらけ投げしか
観光がないと思いこんでるような感じです。そして、このN観光のように各観光地の
ボランティアガイドをうまく利用する人(^O^)v



でも、私はお客様にとって又屋島にとっても後者の方がいいと思います







旅行会社の方も大型バスに『最少催行人員』の三人をいかに楽しい旅行と感じて
もらうか?工夫を凝らしているのでしょう





楽しい旅行のお手伝いならば喜んで利用されます








そう、『屋島のガイド』はへんこつなんです(爆)











↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は22位です
二つともポチっとお願いします♪

帰省観光(^。^;)
20070802090941

20070802090940太三郎狸も暑いので日陰に・・??

20070802090939

先週土曜日ですが、東京から徳島の実家に帰る途中だと言う人の屋島観光です



歴史と源平合戦に興味があり『奥州平泉へも訪ね歩いた』との事でした






帰省の旅…
でも、子供さんも大きくなるとそれぞれ計画があるらしくて里帰りには同行せず…








さて、待つ身のお祖父さん、お祖母さんの心境はいかに…(笑)









↓今日更新時のランキング赤の方2位↓緑の方は20位です
二つともポチっとお願いします♪





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。