観光ボランティアガイドのここだけの話
屋島山上で観光客とのふれあい&源平合戦屋島の戦い史跡を観光ボラガイドとして、一期一会の心でご案内します。 写真は屋島からの初日の出です(撮影2007年1月1日)
プロフィール

屋島のガイド

Author:屋島のガイド
好きな事: 皆でワイワイ言いながら酒盛りする事
嫌いな事: 他人から指図される事
自己診断: 寂しがりやのロマンチスト

屋島山上だけでなく麓の牟礼源平史跡もガイドします(但し予約者のみ)
車で1時間強 歩いて3時間です
詳細はコメント(管理者のみ表示)でお問い合わせ下さい。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



あし@



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エビが…( ̄○ ̄;)
200605310951152

20060531095115

昨日、花キュ-ピットさんが「エビ」をいやいや「蘭の鉢植」を届けてくれました(^_^;)
これが「海老で鯛を釣る」のエビだと言う証拠は送り主が店の名前しか書いてないの
ですよ~。。。(〃_ _)σ∥

でも、今はモチベ-ション?(笑)が下がってて「鯛」になれんとですよ…

又、飲みに行きたいと思うまでもう少し(どれ位かわかりませんが…)お待ち下さい(汗)

あ、お返しに石灯りロ-ドの「石の切符」を上げようかな?親方にも頼まれていたし~(o^-')b
親方~(^o^)/割引って無理ですかぁ~(爆)


ところで今日はあっち飛びこっちフリで申し訳ないですが
明日「80's 昭和のげんぺい号」試乗会に行って来ます(*^_^*)

牟礼げんぺいボラガイドSさんが行けないのでぺ-ぺ-にも席が空いたのかな?(親方の言う斜目(笑))

まぁ、そういう訳で明日は試乗会からモブログ発信したいと思っていますので一日で
数回更新しま~す 要ch'
が・・・・レスは翌日になります (え、いつもの事ってか・・・(爆))



↓ランキング参加中 ポチっとね♪


スポンサーサイト
北九州からのお客様
200605300930162今から少しの間「蓮の花」が楽しめます

20060530093016
先週の日曜日は雨こそ降らなかったものの雲空で朝は観光客の出足が悪く
「血の池」の蓮を写したりしていると…

他のガイドがバタバタと案内に出て行く(・_・;)
油断大敵、取り残される…とばかりに夫婦と娘さんの3人グル-プに接触(汗)
少し強引ではあったが屋島を知って欲しいという熱意が伝わったのだろう(笑)…
「じゃお願いします」・・・でガイド開始\(^o^)/


源平合戦屋島の戦いを初日から史跡を指しながら熱弁を振るう事30分(大汗)
勿論その後マイブ-ムの「降り口」もお見せしました(笑)

途中、すれ違った福井県からの観光客には「のとじま水族館」の「こうすけ※少し前の
記事参照」を宣伝し「青鬼くん」「屋島の城(き)」をとうとうと(くどくどとも言う)ガイド…

最近時間を気にしてのガイドが多かったので今までのうっぷん晴らしです(爆)

途中で「いいだこおでん」のいい匂いが~「ガイドさんもどうぞ…」
「いやいや私はジュ-…」
(ジュ-スと言う言葉を飲み込んで)有難く頂きました(爆)

その後のガイドはおでんの蛸を歯に挟みながらモニャモニャと…(汗)

でも、満足して帰られた(?)ようで…私も最近は時間に追われたガイドが多く
消化不良だったので久しぶりに充実した時間を共有できたと思っています\(^o^)/




↓ランキング参加中です。ポチっとね♪


兵庫県三木市よりの親子三代グル-プ
200605290642052

20060529064205おばぁさんは足が痛いと言って途中リタイア(笑)

「観光ですか?」男女五人のグル-プに話しかけた(*^_^*)
おばぁさん、夫婦そして二十歳前後の子供二人です

最近のマイブ-ムの中では「どちらからですか?」よりも「観光ですか?」と
話しかける方が多い(笑)

そしてもう一つのマイブ-ムが…

歩き遍路さんが下りて行く屋島からの「降り口」へ案内する事です(笑)

基本的にガイドすべき所は決まっていますが、時間がある・ないによって
ガイド場所を増減させ、又場所も各ガイドによって少しずつ違います。

私も観光客の構成や反応をみながら追加したり割愛したりしているのですが・・
何日か前の「私、来年歩き遍路しようと思っていたけどやっぱり止めます」
とのリアクションが忘れられず・・・・・・・(爆)
マイブームとして皆さんに遍路さんの降り口をご案内しています。(笑)


そして今日は故美空ひばりさんの誕生日であり私のン十回の誕生日でもあります。
まぁ、それがどぉした!と言われたらそんなもんですがコメント等頂けたらハッピーかな♪

知ってる人は前の記事にホットラインでお祝いコール頂いていますのでこの場を
借りてお礼申し上げます。・・・・って政治家の挨拶みたいですが(汗)




↓ランキング参加中(お祝い替りに)ポチっとね♪








へ~横浜から電車を見に?
20060528085111

200605280851112

昨日は結局山上へ行ったのが昼前になった(-_-#)
着くと早速一人の青年と目が合った(変な意味じゃありません)(*^_^*)

案内しながら逆に取材開始です(笑)
電車ファンで尚且つ(気を使ったのか?)源平合戦も好きだとの事。
コトデンのレトロ電車を見てからこちらへ回ったのだと言う┐('~`;)┌

ガイド「あの電車は何十年もまえに都会で走ってたものでしょ?」

青年「まさに動く博物館ですね♪」

ガイド・青年「あっはははは(大爆)」

源平史跡を案内し、ついでだからと「歩き遍路」さんが下って行く降り口で記念撮影(o^-')b

そして談古嶺へ…今日は小豆島が近く見え、見晴らしも抜群です。
ただ太陽が出てない曇天なので海の色が鉛色…う~ん惜しいなぁ

その後、彼はあの急な遍路道を降りるとの事で別れた・・・・・
怪我のないようお帰り下さい(^O^)/~~



↓ランキング参加中 ポチっとね♪


「忙中閑あり」
200605270945232

20060527094523

映画「明日の記憶」を見た(*^_^*)

今月は時間がないから、チェックもしてなくて見るつもりはなかったのだが、たまたま
誘われたタイミングが良かった(^。^;)

まさに「忙中閑あり」です…(^_^)v

当然スト-リ-もノーチェックだったから映画に対する期待もしてない…
が主演、渡辺謙 樋口可南子で魅せてくれました
渡辺謙は時代劇向きかと思っていたのは偏見ですね(笑)
結構いい演技派俳優としての味が出てて「アルツハイマ-」なんて他人事…?
と思っていたのにどっぷり引き込まれました

久しぶりに涙腺の大掃除ができたとゆ~か(笑)終わった後の照明が
照れくさかったです。。。(〃_ _)σ∥

いつまで経っても「屋島のガイド」は喜怒哀楽の激しいやんちゃ坊主です(爆)

今日は来客予定が一人あるのですが、それが済めば屋島へ上がりますo(^-^)o



↓ランキング参加中♪今日は何位かな?


『80's昭和のげんぺい号』
200605261200082

20060526120008

牟礼の源平ボランティアガイドSさんから近況と「昭和のげんぺい号」試乗会の案内状
同封の封書が届いた。

当然、屋島のボラガイドにも何らかの話があると思いきやぺ-ぺ-には関係ない話の
ようです(-"-;)

少し前に「わしのとこへ試乗会の案内状が来た」とWさんから聞いた事はあります
が…それだけです
同封されていた運行試乗会の案内状には「地元関係者への運行試乗会を行います
ので…」と書かれてあり??
ボラガイドへの協力要請は一言もない…
つまりは去年「義経号バス」に同乗していただけのバスガイドさんにガイドさせるらしい。

そしてコ-スも《源平コ-ス》《純愛コ-ス》二つに別れているが牟礼で降ろした観光客を
庵治から又迎えに来るのか?よくわからない内容です。

関係者はどれだけ足を運んだんだろう?そしてどれだけわかっているのだろ?

セカチュウロケ地へ行くよりも屋島「談古嶺」から鳥観図のように見るロケ地一望が
どれほど綺麗か
わかっていても「談古嶺」には店がないからかなぁ~と疑いたくなるような意地悪い
感想をもったぺ-ペ-の「屋島のガイド」でした(>_<)



↓今日は何位かな?ランキング参加中



歩き「お遍路さん」
20060524133011颯爽と歩いて写真を撮るのが間に合わない

20060524133010この人達は駐車場からお寺まででも大変そう(笑)

昔のお遍路さんは歩くしか手段がなかったので歩き、とか車、とか
言わなくて良かった。。。(〃_ _)σ∥
そして、バブルの頃はバスや乗用車が当たり前で歩くのは「少し変わった人」と
思われるぐらい少数になった

だが最近又、歩き遍路さんが増えている。

理由はいろいろあるが一度統計を録ると面白いかも…(笑)

判断材料はいたって簡単…屋島寺から出たお遍路さんがボラガイド詰め所で
右に曲がれば歩き、左へ行けば車だ。



↓ランキング参加中 ポチっとね♪


トップページの写真を替えました。
20060522122510

東門のつつじも先日の長雨で花が散ってしまいました(涙)
でも、晴れ間に見える太陽はもう初夏です。
撮影した5月20日は午前中まで雨が残っていたのですが
初夏の太陽に照らされた瀬戸内は「エーゲ海」のよう(行った事ないですが(汗))

撮影した「談古嶺」は明治30年「村雲尼公」によって命名された
屋島山上の「三大展望台」の一つです。

又、真正面の小さな島が映画「せかちゅ~」で「夢島」との舞台設定でしたが・・・
右の方に見える白い灯台の横で発病したアキが倒れますね(涙)




↓アクセスランキング さて今日は何位でしょう♪




九州からのグル-プ
200605221225102

20060522122510

先輩ガイドのWさんが駐車場の方から呼んでいる…
近寄っていくと「九州からのお客さん(ガイド)行きますか?」
日曜日だけど観光客が少なかったので二つ返事で「行きますよ~」

熊本県からの読書グル-プで「源平の戦い」にも興味があるとの事(*^_^*)
ホテル甚五郎(廃業)前で「源平合戦屋島の戦い」史跡を説明した後、歩き遍路の
下る道を見に行くと…

「歩き遍路に憧れて来年行くつもりだったけどちょっと自信失ったわ」
と一人が悲鳴に近い声を上げる┐('~`;)┌

やはりあの細くて急勾配の道は「修行道」です(笑)

さて、庵治半島の「セカチュ~」では無反応だった面々も「喜びも悲しみも幾年月」
では大いにリアクションあり(爆)

ついでに「男木島」をバックに記念写真まで撮りました(^_^)v

一行はこの後「道後温泉」でお泊まりとの事…ご無事でお帰り下さい(^O^)/~~

大きくでしゃばって載せてるの(写真上)は我が家に咲いた芍薬です

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花はもう死語でしようか?(笑)


↓アクセスランキング さて今日は何位?


今度は後輩の所へ先輩が…
20060521092708

20060521092707

少し前に先輩のとこへ後輩二人が遊びに来て…という記事を書きましたが昨日は坂出の後輩へ
東京の先輩が尋ねて来て二人で屋島へ観光に来た?らしい(笑)そしてこの二人はもう社会人です

梅雨のように降り続いた雨で空中の塵が洗い落とされ素晴らしく見晴らしの良い半日となった
この日はまさしくガイド日より・

この後輩くん、地元とと言っても屋島と坂出市ではだいぶ離れているので屋島の事を詳しくは
知らないでせう、と無理やり?ガイド
それに地元ならも少し知って欲しいし…

ところがこの後輩さん、ノリが良くておまけに笑い上戸と来てる
ここだけの話、この手のタイプは非常に扱いやすいのです(本人も見てると思いますが…(爆))
サービス精神旺盛な「屋島のガイド」はノリの良くない東京の先輩を攻める事にしました(笑)

ガイド「先輩は東京ですか?そしたら今から東京向けのガイドです(笑)」

青鬼くんの持ち物が違うの知ってるだけでも充分香川通ですよ~

とにかく坂出の後輩くんがケラケラと笑い回るので通りすがりの人が振り返ります(汗)

明日から屋島には「変なガイドがいる」と噂が立たねばいいが…(泣)

ただ、長雨で溜ってたストレスが一気に解消です\(^o^)/



↓アクセスランキング さて今日の順位は♪


雨のち晴れ・
20060520123628朝9時の屋島北嶺

200605201236282お昼の屋島北嶺

最近の天気予報は良く当たる(*^_^*)
今日も朝9時には雨で屋島も雲の帽子を被っていたが12時にはお日さまが顔を出した(^_^)v

忙しい時ではあるが私も出勤(笑)しよう



↓ランキング参加中 今日は何位かな?


新米!讃岐人(^_^;)
200605191151052

20060519115105

「無料って書いてあるわよ」…との声に目を向けると小学生の姉弟と夫婦の四人家族
が「ガイド」の方を見ながら話していた…(ように感じた)(笑)

これはもう「ガイドして欲しい光線」にちがいありません。

ガイド 「はいはいどちらから来ましたか?」
観光客 「福岡から…でも今は香川です(笑)」

ガイド 「ああ、転勤ですか?そしたら屋島…香川の事を知ってもらわないと(^O^)
新米研修ですね(笑)」

小学校高学年だろうか?歴史が好きだと言うお姉ちゃんが
一番の物知りで家族全員が頼っている(爆)

県木園(全都道府県の県木が植えられている)の前では
ガイドの「福岡県の県木は何でしょう?」の質問に皆がお姉ちゃんの顔を窺う(^O^)v

最後は「時々上がって勉強しませう…今度は北嶺へ行きましょうね」と約束して別れた(^o^)ノ


↓今日のランキングは??


ひっかけ橋ならぬひっかけ壁(*^_^*)
200605170845092

20060517084509

大阪の戎橋はナンパで有名で別名「ひっかけ橋」と言うそうですが(笑)
この源平合戦屋島の戦いを描いた壁看板はまさに「ガイド」にとっての声をかけやすい、
いわゆる「ひっかけ壁」なのです(爆)

ガイドをし終わったあとは皆さん一様に「良くわかった、ガイドをして貰ってよかった」
と言うのに観光客の方から「お願いします」と頼んでくるのは少数なのです。。。(〃_ _)
半分以上は我々から「屋島の事、知って帰って欲しいのでボランティアでガイドして
います…予定時間は合わせますよ」と声をかけると「じゃ頼もうか?」というのが現状です。(>_<)
実際、地元の人でも「屋島はお寺と狸さんと血の池があるだけやろ」ぐらいの認識しか
持っていない人が多いのです(T_T)

だから私は週末になると「ひっかけ壁」の前で胸を張って声をかけています…(^o^)ノ


更新を怠るとランキングも落ちますね(笑)
↓ポチッとお願いします。



東京のミドル二人
200605151233162

タクシーの運転手さんが「案内してくれますか?」と男性二人を伴って近ずいて来た。
ガイド「はい、どちらからですか?」

東京からのビジネスマンでこちらの仕事が終わり飛行機の出発時間まで待ち時間があったのでタクシーに乗って来たのだと言う(o^-')b
20060515123316

ただ、この二人 少しだけ「へんこつガイド」の癇にさわった…(-"-;)

時間がある人は・・・・・
[READ MORE...]
血の池
20060511130909島の南側
向こうは屋島寺東門


20060511130908島の北側

まず一番にご案内するのが『血の池』ですがこの池は真ん中に島があります。

じつは正式名称は『瑠璃宝の池』と言い弘法大師が弘仁元年(810)嵯峨天皇の勅命により
屋島寺を今の場所に建立の際、宝珠を金堂の東南に埋めて周囲に池を掘ったのが始まりです。

それから三百数十年後源平合戦屋島の戦いで戦に勝った源氏の武将が屋島寺に戦勝報告の際、
鎧や血刀を一度に洗った為池の水が赤くなったのでそれ以来「血の池」と呼ばれています

この時期は写真のように島の南と北で趣が異なります。
観光客の皆さんは案内板のところでしか見ませんが一度ゆっくり一周して見ると面白いでしょう( ̄ー+ ̄)。。。



ランキング参加中です↓ポチっとね♪


a great old man
20060510085418

「案内して貰えるんかの?」
小柄な老人に声をかけられた(・_・;)
しかし背筋はピンと張り矍鑠たる態度である(汗)

ガイド「はいはい何人さんで何処から来たのですか?」
(ガイドした人数とどこの県から来たかは統計をとっているのです)

観光客「福島県からで男4人と女3人じゃの」

ガイド「そしたら全員集合(^o^)/こんな田舎で迷子になったら恥ですよ~♪ハイ認知症と
思う人は手を上げてぇ」(笑)
全員70才前後で腰が曲がっているお年寄りもいる。
貸し切りバスで来ても結構疲れそうな顔ぶれです(∋_∈)

観光客「わしが皆を乗せて一人で運転して来た。どこへ行くのもわしの運転じゃ(^O^)」
へ~凄い( ̄○ ̄;)… 私はこの小柄な老人を『great oldman』と命名した(本人には
お知らせしておりません)(爆)

しかし、このグレ-ト、『困ったちゃん』で「ガイド」の話を聞かず先々と歩く(泣)

よ~し、そっちがその気なら…(`ヘ´)足が達者なのはよく分かりました(汗)もう貴方は
相手にしません…後の六人の方々ゆっくりいきませうね(`ε´)

でも、将来(私も)このグレ-トのように元気に歳を取りたいものです。
マイペ-スのところはよく似てますが…(大汗)


ランキング参加中です↓ポチっとね♪




今日は朝から告別式(;_;)
20060509095740
親類のお葬式ですが…
やはり独得な雰囲気を醸し出す斎場(汗)

でも大往生なので悲しみは少ない(失礼)
ちょっと隅っこでモブログです(^_^;)
ところで先日、ヤボ用で百円ショップに行くと○○名作シリ-ズコ-ナ-があったのでふと足を止めた(o^-')b
郷土の輩出した文豪「菊地寛」作『父帰る』が置かれている( ̄○ ̄;)
大変失礼だが今まで読む機会に恵まれなかった(汗)作品…m(_ _)m
この名作が百円…善し悪しは別として私にどっては近くて遠かった作品をゆっくり読めたのである。
百円の幸せ…たかが百円、されど百円( ̄○ ̄;)

ちょっと幸せに浸った数分間…(汗)であった
横浜からのご夫婦
20060508124602

ボラガイド待機所横にある源平合戦屋島の戦いを描いた看板を一所懸命眺めていた
中年カップルに「どちらから来ましたか?」と言いながら近付き「ここを少し東へ
行くと源平合戦屋島の戦いが一望できますよ~♪」

「それじゃお願いします」・・・・・で東回りへ……
あれが安徳天皇社、あれが駒立岩で…
八栗五剣山でしか採れない「庵治細目石」は世界最高級の墓石用の石なんですが…
関東では知名度が低いようですね?と言うと
「いや私は建築設計の仕事をしているのでよく知ってます」と、それまで無口だった
ご主人が話に乗ってくる(^_^)v

ガイド「都会は景気がいいんでしょ?」
観光客「ええ、でもまだ単価が戻らなくて…私は上海で仕事してるんですよ」
う~ん、都会も大変なんだなぁ…
変なところで連帯感を感じたひと時でした(∋_∈)

もう今頃は上海に行ってる頃でせう…一路平安(^o^)/~


ランキング頑張ってます↓ポチっとね♪


ガイドのお礼(*^_^*)
20060507141616

200605071416152

20060507141615

昨日のお客様のうち、大阪の母娘と福岡の祖母の四人連れ(^o^)/
最初のうちは小学生には少し難しいからちょっとやりにくいかな?と思い、なるべくゆっくり
お話しをすると、「お父さんが来てたら歴史好きだから喜んだのにね」。。。(〃_ _)σ∥

よし、それならば「あっちへ行くと映画『せかちゅ~』のロケ地が見渡せますよ(^o^)/
あの島が亜紀が発病して倒れた夢島ですよ~
この時点で小学生姉妹のガイド好感度UP↑(笑)

正面に見えるのが女木島(鬼が島)、その右が男木島、この島にある石組の灯台は中井貴一の
お父さん、佐田啓二主演の「喜びも悲しみも幾年月」のロケにも使われ…
言い終らないうちに
♪おいら岬の~♪
お祖母さんが口ずさむ…
かくして、ガイドの人身掌握術は大成功\(^o^)/(爆)

ついでですから西回りも…
ハイハイ、喜んで~(笑)

かわらけ投げは男は遠くへ~女性はそこの輪っかへ通したら御利益がありますよ…(^O^)

太三郎狸はアニメ「平成ポンポコリン…」に出てたでしょ
「ア、それ知ってまぁす」(笑)
霊巌からお土産店前まではフリ‐タイムです(笑)向こうで待ってますからごゆっくりどうぞo(^-^)o

屋島に最初のお寺を造った鑑真和上はここ三体堂に奉ってまぁす。「え、知らない…
小学五年生ではまだ習わないかなぁ(汗)」

何はともあれ「屋島のガイド」も楽しくガイドさせて頂きました。気をつけてお帰り下さいm(_ _)m

お別れして待機所で休んでいると
「私、かわらけが輪っかを通ったよ~…。。。これ買ったので飲んで下さい…」とお茶を
持って来てくれました。
名前を聞くのを忘れましたが○○ちゃん、ありがとね♪

たま~にガイドのお礼と言ってお金を出そうとする人がありますがそれは貰えません。
でも自販機のお茶なら喉を潤すだけでなくガイドの心も満タンにしてくれますV(^-^)V


ところでカメラを忘れたと言うので撮ってあげた写真はメール頂けたら、jpegファイルで送りますよ~(^o^)/


ランキング頑張ってます↓ポチっとね♪


御礼m(_ _)m
200605070943062

20060507094306

fc2ブログに移転、ランキング登録してから1月余、瞬間ではありますがボランティア部門で

栄光の一位となりました\(^o^)/

ひとえに皆様方のお蔭です、ありがとうございますm(_ _)m

ただ、平行して登録している国内旅行部門は三位ですぐ上の二位とのポイント差は倍以上の
開きがあります。

今後も話してはならない(エ・・・・アセ)「ここだけの話」をUPして行きますので
アクセスよろしく!!(笑)


ランキング参加中です↓ポチっとね♪


トップページの写真、変えました。
屋島山上の遊歩道にはたくさん「つつじ」が植えられています。
もうすぐ満開なのでトップヘージの写真にしょうと撮って来ました。 
200605051310402これにしょうか?
でも、まだ満開にはほど遠かったのですが・・・
200605051310402それともこっち?


いろいろ迷った挙句、ご覧のとおり上にしました(笑)
ところで今日、明日はボラガイドの日ですが、明日の天気予報が芳しくない・・・(-.-;
今日は絶対に上がらなければ・・・・・・ゆ~か、この時間帯 寝とかな(泣)


ランキング参加中↓ポチっとお願い♪


今日も面白ガイドが満載です…
200605051310402

20060505131040

一昨日あしかのこうすけと飼育係りの藪根さんの悪戦苦闘している様子がニュ-ス番組の
中で特集された。
表面上はすんなり芸ができたようなアシカショ-のデビュ-ですが
「何も言わなければズルするし、怒るタイミングが悪くても反抗する。」
藪根さんの噛まれた足が痛々しかった(泣)
頑張れ、二人?(*^_^*)


ところで土日以外の祝祭日はボラガイドをお休みしておりますが今日はトップぺ-ジの
写真を撮る為に山上へ上がりました…
たくさんの観光客に混じってIDカ-ドはポケットにしまいパチリパチリと写真を撮ってると
外人カップルが…条件反射のように「ガイド魂」かモコモコと(汗)
IDカードを見せながら
ガイド「オ~ヤシマノカンソウハドウデスカ?」
すると流暢な日本語で
外人観光客「屋島寺は中国の影響が強いですね、やはり鑑真和上と仏教の教えですね~」
ガイド「アナタタチハガイドスルヒツヨウナイデスネ(笑)」

聞けば二人ともドイツ人で今から歩いて85番札所八栗寺へ向かうとの事(^o^)/

こちらも・・・頑張れ二人(爆)

上の写真はミステリーゾーンに咲くつつじです
写真下はアシカのこうすけ


ランキング参加中 ↓ポチっとお願い


三寺(社)ギャラリ-
200605040817006
六万寺、五月の空が澄んでいます。↓3枚はPCモード撮影の為横向きです(汗)
200605040817004
射落畠、佐藤継信が平教経に射落された所、手前の花畑が鮮やかです。
200605040817002
洲崎寺、境内の木々や緑が映えます。
20060504081700
安徳天皇社、昨日もUPしてました(汗)

新緑の季節に五月晴れであればカメラテクニックなんて必要ありませんσ(^◇^;)。。。
が、PCモードで写した画像は横にUPされます(泣)

六万寺、洲崎寺、安徳天皇社、どれもこんなに綺麗に撮れました(o^-')b

食べ物は今や旬が分からない程一年中売られてますが、この近辺の風物は今が旬、
そして五月晴れが旬なのかも…(笑)


↓ランキング参加中 ポチっと一日1回


体にいい事…しすぎた?かな(笑)
20060503195010

20060503195009

五月晴れの下、2時間半、約9㎞歩いた後の美味しい手料理と冷たいビールを
「○原ガ-デン」でご馳走になりました(^o^)/

気持ちの良い睡魔に襲われ、いましがた目が覚めたところです(汗)
○原さん、ありがとでした m(_""_)m
写真は携帯カメラをPCモードで撮った為に横向きUPです。
(カオヲヨコニシテ ミテクダサイ・・・・・・)

↓ポチっとね♪


義盛塚を通過~ヽ('ー`)ノ~
やっと半分ぐらい
今日は三都物語…じゃなく(笑)
200605030811132

20060503081113

三寺(社)巡りと牟礼の源平史跡を歩きます

佐藤継信墓地をスタ-トし、長刀泉、菜切り地蔵、そして六万寺~洲崎寺、最後に
安徳天皇社へ行きます。(*^_^*)
資料は写真のごとく、分厚いものになりました(笑)

距離は結構あります。

最後まで完歩はできると思いますが・・・・・、
その反動がいつでるかが問題だ。。。(〃_ _)σ∥


↓ランキング参加中。ご協力お願いします。


カト吉クイ-ンズカップ
200605021111252

↑屋島寺東門前のつつじはまだ蕾がちらほらですが・・・・・
20060502111125

先日の日曜日は屋島GCで女子ゴルフ大会が開かれた。
これがあるとなぜかしら決勝ラウンドの日曜日に屋島へ観光に訪れる人がいる(*^_^*)
去年は確か、東京からおっかけのお父さんを私が案内したのですが…今年も女子ゴルフを
見たついでに屋島へ来たと言うお客様がいた事を思いだし「TV観戦」した。

最後は中田美枝が涙の初優勝(;_;)
プロになって7年目、脳梗塞で一度は倒れた父親がキャディ-をしての初優勝だから
その嬉しさは計り知れない事でせう(泣)
TVを前にもらい泣きで思わずうるうる…(T_T)

いいシ-ンを見る事ができた…観光客様に感謝V(^-^)V

中田選手、初優勝おめでとう\(^o^)/


↓ランキングに参加しています。現在ボランティア2位、国内旅行3位です。協力してね♪




大学の先輩、後輩グル-プ
200605011156452

土曜日、二組目のお客様です。
二時半が来て今日はもう終わりかな?と思いながらも・・・・
源平合戦屋島の戦いを描いた看板を熱心に見ていた女性三人に「どちらからですか?」
と声をかけると…「東京です」

これは案内せねば…(笑)
開口一番「これ誰のサインですか?」
さすが東京娘、目が早い…\(◎o◎)/!
佐藤継信、忠信兄弟、去年大河ドラマに出てた…
え、知らない (泣)
宮内敦士、海東健さんですよ~
いろいろ話してると高松出身の先輩を大学後輩二人が頼って遊びに来たらしい…
↓無邪気な後輩たち(笑)
20060501115645


最近ネタ切れ気味のガイドとしては願ってもない取材源である(笑)
たくさんネタを仕入れたのですが…後はボチボチと(^o^)/ ・・・時々要チェック!!(爆)


↓ポチっとお願いします






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。